大朋建設株式会社:家屋解体工事・ビル解体工事・土木工事・廃棄物処理なら愛知県犬山市の弊社にお任せください。

解体・取り壊しの流れ

工事完了までのプロセスフロー
お問合せ お打合せ・お見積り 契約 工事 完了

Step01お問い合わせください

建物の取り壊し、建て替え等で解体をお考えでしたら、まずお気軽にご相談ください。
ホームページ、メール、電話、FAXなどでお受けしています。解体・取り壊しに関するお問い合わせ、ご相談はこちらからどうぞ。
また建て替えなどの場合、分離発注を行うことで費用を抑えられる場合があります。
分離発注方式についてのご紹介
図1

Step02現場の調査・確認

お客様立会いのもと、弊社のスタッフがお伺いして、現場の調査・確認をさせていただきます。
主な確認事項
・対象となる建物等の規模や面積
・取り壊さず、その場に残しておく建物等の有無
・周辺の状況
・トラックの出入りする経路
・機材の保管場所
・アスベスト含有吹きけ材の有無
・建物内に残される家具・電気製品の有無
建物解体後の土地活用について
図2
土地活用の詳細は以下をクリックしてください。
解体後の土地活用について

Step03御見積り作成・提出

現場の調査・確認が終わりましたら、解体工事にかかる費用の御見積りを作成し郵送またはFAXでご提出させていただきます。
図3

Step04解体工事の説明・契約

解体工事(工法や工期、廃材のリサイクルなど)について、ご説明させていただきます。
ご納得いただいてから、工事の契約を結ばせていただきます。
図4

Step05事前の打ち合わせ

具体的な工事の日程の打ち合わせや自治体に届ける処理の手続き、設備の切断などについてご説明させていただきます。
主な確認事項
・工事の日程、日取りの確認
・建物解体後の土地活用について
・必要な諸手続き(建設リサイクル法の届け出(※1)等)
・設備(電気・ガス・電話)の切断、トイレの汲み取り(※2)
・解体前のお祓い(おはらい)を行う場合、その日程の確認
・近隣の方々へのご連絡(※3)

ご納得いただいてから、工事の契約を結ばせていただきます。
図5
※1 解体する家屋・建物の床面積が80㎡以上の場合、市町村に対して工事着工の7日前までに「事前届出」の提出が必要になります。
※2 水道は解体中、ホコリの飛散を最小限にする為の散水用に利用させていただきます。
※3 工事が始まるとトラックの出入りや騒音など、ご迷惑をおかけする事がありますので、ご近所の方々へご連絡を行ってください。

Step06工事前の打ち合わせ

工事を行う前の最終確認をさせていただきます。
主な確認事項
・工事の日程、日取りの確認
・届出書類がある場合、その手続き状況
・設備(電気・ガス・電話)の切断状況、トイレの汲み取り状況
・解体を行う前のお祓い(おはらい)を行う場合、その日程確認
図6

Step07工事開始

解体する建物の周りを養生シートで囲い、ホコリや破片等が飛び散らないようにします。また、工事中は散水を行うことで、ホコリ等の飛散を最小限に致します。 図7

Step08工事中

工事は平日・土曜 9:00 ~ 17:00まで 日曜、祝日は休みとさせていただきます。
建設リサイクル法で定められた通り、リサイクル処分できるもの(サッシや断熱材など)を分別して、処分いたします。
また産業廃棄物の場合も、適正に処分いたします。
産業廃棄物を処分した際には、産業廃棄物管理表「マニフェスト伝票」(※4)を発行いたします。
図8
※4 産業廃棄物管理表「マニフェスト伝票」とは、産業廃棄物の収集・運搬や中間処理(無害化や減量化など)、最終処分(埋め立て処分)などを他人に委託する場合、排出者が委託者に対して「産業廃棄物管理表」を交付し、委託した内容通りの処理が適正に行われたことを確認するためのものです。

Step09工事終了

周辺の状況等の影響で一部基礎が残る場合もあります。
建物解体後の土地活用(舗装工事・砕石敷等)がある場合は、施工後、工事終了となります。
図9

Step10工事終了後の立会い・確認

工事が終わりましたら、お客様に現場の確認をしていただきます。 図10

Step11ご請求・ご入金

現場の状態にご納得いただいてから、弊社より請求書を発行いたしますので、ご入金をお願いします。 図11

Step12取り壊し後の手続き

建物を取り壊した場合、取り壊し完了後1ヶ月以内に法務局で建物滅失登記を申請しなければなりません。
忘れないように注意してください。
図12

お気軽にお問合せください。