大朋建設株式会社:家屋解体工事・ビル解体工事・土木工事・廃棄物処理なら愛知県犬山市の弊社にお任せください。

分離発注のご紹介

分離発注とは?
分離発注は標準的になりつつあります
ここでは、ハウスメーカーや工務店と、解体から建築までを一括で契約せず建設工事から解体工事を分離して、直接、解体業者に発注する方法のことをいいます。
建設先進国のアメリカでは、ニューヨーク州をはじめ、いくつもの州で分離発注を法律で義務付けられています。
また日本でもほとんど官公庁などで解体工事は分離発注されています。
分離発注は難しくありません
解体工事は他の業者さんと絡みが少ないので、分離発注に向いています。
複雑なように思われるかもしれませんが、工程の各段階を把握できますし、自らが主動的な立場で工事に関われます。
メリット
工事費用の節約
一括で契約した場合、工事費用全体に占める解体費用の割合が高いといわれています。
多くの場合、解体工事を下請け業者に発注することになり、中間マージンが発生してしまいます。
一括発注の場合
直接発注をすることで、余分な出費を抑えることが出来る場合があります。分離発注の場合
明確な御見積り
実際に工事を行う業者と話をするため、明確な見積もりになります。また、話の行き違いなどといったトラブルも最小限に抑えられます。
質の高い解体工事
解体業者がはっきりしているため、責任の所在が明確です。また総合発注の弊害が取り除かれるので、質の高い解体工事が行えます。
解体で出た産業廃棄物の処分を行う場合、産業廃棄物管理票「マニフェスト伝票」を提出いたします。

お気軽にお問合せください。